<   2006年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

体力に自信がある私ですが、土曜日から寝込んでいます。。。
がしかし、土曜日の休日出勤、そして今週は会社を休めないほど忙しいので、仕事とベットの往復をしています。
お返事はしばらくお待ちください。

元気になり次第戻ります。
ではまた~~~~!!!!
[PR]
やー、やりましたね!
荒川静香さん、金メダル!
最後まで気の抜けない、僅差の戦いでしたね。
そのほか二人の日本人選手も良く頑張ったと思います。
お疲れ様でした。

フランスのテレビはスポーツ名物解説者と、、フィリップ・カンデロロ(憶えてます?フランスのスケート選手でロン毛でワイルドを売りに出していた選手)が解説でした。

カンデロロはフランスではかなりの天然で、コメントもかなりわけわかんないときがあります。
今日も、絶好調にわけ分からないことを言っていましたが、
表彰式のときに、彼が日本の国歌はきれいと言ったので、いつもは何気なく聞いていたのに、
今日は注意して聞きました。
金メダル効果もあるのでしょうが、日本の国歌ってきれいだナーと初めて思いました。
昔はアメリカやフランス国歌に比べて、暗いなと思っていたのですが、音の流れがきれいなんですね、注意して聞いてみると。
世界中のオリンピックを見ている人が、日本の国歌を聴いたと思うと、誇らしく思いました。
それも、荒川静香選手のおかげなんですけどね。

スポーツを見るといつも熱くなる私でした。
ではまた~~~~!!!!
[PR]
ひっさしぶりに、踊ってきちゃった~。

親友のソフィーが2日間だけパリに戻ってきたので、12月以来の再会。
ご飯を食べた後は、もちろんサルサ~~~♪

ていうか、踊ってくださった、ダンサーの皆様、どうもありがとうございました。
私、今日は終わってました。
フランス語で言う、archi nul アルシ ニュル!ですよ。 (直訳するととても無能)
やはり、しょっちゅう通わないと、そして習わないとだめですな。
自分のレベルの後退にがっくり。
でも楽しく踊れたから、いいんですけどね。

いつも、踊っていて、パートナーから何人か聞かれるのは日常茶飯事なのですが、今日は二人のダンサーに、
男1 “君、ヴェトナム人?”
私 “ちがうよ”
男1 “カンボジア人?”
私 “ちがうよ”
男1 “中国人?”
私 “違うって”
男1 “日本人のはずないし、どこの国から来たの?”
私 “日本人なんですけど”
男1 “そんなばかな~、冗談でしょ?”
私 “本当だって”
男1 “じゃあ、ヴェトナム人とかのハーフ?”
私 “100%、日本人なんですけど”
男1 大爆笑

何で笑われたのかよくわからないんですけど。。。。。
私の顔はどちらかというと、日本人というよりは中国人なのは認めるけど。

男2 “君、ヴェトナム人?”
私 “ちがうよ”(またかーと思いつつ、彼はめちゃくちゃダンスが上手だったので愛想良く答えてみる)
男2 “カンボジア人?”
私 “ちがうよ”
男2 “もしかして、日本人?”
私 “うん”
男2 “まーじーで~~~?ありえない!!!”
私 “ありえないって、どういうこと?”
男2 大爆笑

一晩のうちに、同じこと2回言われると、ちょっと気になるんですけど。。。。
日本人っぽくないのかしら???私。

まあとにかく、今日は豆タンクに、ぐちゃぐちゃにオーガニゼーションをかき混ぜられたうっぷんをはらす事ができました(笑)

夜中の3時40分なのでもう寝ます。
おまけに明日は早めに会社に行かないといけないし。。。起きれるかしら??
お返事、もう少し待ってくださいね。ごめんなさい。

ではまた~~~~!!!!
[PR]
c0005899_745545.jpg
最近、耳に付いたフランス語をひとつ。

culotte de cheval キュロット ドゥ シュヴァル
直訳すると、乗馬ズボンです。
culotteは下着のパンツの意味もあるので、最初聞いたとき馬のパンツを想像していました。(笑)
さて、なぜそんなことが最近耳についたかと言うと・・・・。

友達と太ると太ももに付きやすいよね~という話をしていて、彼女は私の太ももはculotte de chevalよー、やになるわ~と嘆いていて、気になりました。
culotte de chevalとは、正面から見てお尻と太ももの間に、お肉が付いている体型の人のことを言うのだそうです。
馬のパンツみたいにでかいお尻という意味じゃないのですね(笑)
彼女は他は全体的に細いのに、確かにそこだけにお肉が。
私は、太ると太ももの内側に肉が付くので、culotte d'elefant 象パンツといったところでしょうか。


話は全く変わりまして、今度のボンドガールに、フランス人女優のエヴァグリーンが、選ばれました。
こちらで見られます
(このサイトはフランス人の13歳の女の子が作ったブログです。エヴァグリーンを検索していて、ここにたどり着きました。)

彼女の演技は、キングダム オブ へブンでしかみていないので、実力があるかどうかは判断しにくいですが、顔が好きなので、嬉しいニュースでした。
フランス人の女優たちは作られ過ぎず、各々に個性があるから好きです。

これから、オスカー、カンヌと大きい賞を前に話題作がぞくぞく公開され始めました。
何を見ようか迷ってしまいます。

みなさま、良い日曜日を!
ではまた~~~~!!!!
[PR]
今日は、豆タンクはぎゃーぎゃーミニラのように叫んでいました。
うちの新入社員、といってももう8ヶ月くらいになるんですけど、彼女は結構抜けていて、
彼女が豆タンクを怒らせていました。
もちろん、私の耳はもう豆タンク使用にはなっていませんので、久しぶりに壊れましたね。(笑)
会社から出た瞬間の静寂。こんなにも静寂が素敵なんてと思う一瞬。
c0005899_8463594.jpgということで、それにちなんだフランス語講座~!

Ma collègue a énervé ma patronne. マ コレーグ ア エネルヴェ マ パトロンヌ
私の同僚は私のパトロンをイライラさせた。

Ma collègue a bien allumé ma patronne. マ コレーグ ア ビヤン アリュメ マ パトロンヌ
私の同僚は、私のパトロンを煽り立てた。
allumerは、火や電気をつけるときに使いますが、怒らせるときにも使います。

ではまた~~~!!!!
[PR]
c0005899_16345629.jpg先週のパリは本当に良いお天気が続いていました。
残念ながら、日曜日からパリの冬らしく、グレイな色の景色に逆戻りしてしまいましたが・・・・。
でも、日が少しずつ長くなり、日中も暖かくなり、春が近づいてきたことを感じます。

豆タンクの役をやるようになってから、早3ヶ月。
問題なくやってきているつもりですが、ついに先週問題発生!!!

うちの会社は豆タンクが創立した会社ですが、3年前に今の大パトロンに買われて、経営は大パロトンがしています。
で、豆タンクがいないのを機に、今までの大パトロンの豆タンクのやり方に不満爆発。
って、今まで豆タンクにお世話になってきた大パトロンは豆タンクに直接言えず、今回私に言ってきました。
それを豆タンクに伝えると、豆タンクも怒り爆発。
今、二人の板ばさみに合って、胃が痛いです・・・・・・。

さらに、同僚との関係もあるし・・・・。一応同僚+豆タンク側について話し合い中。
大パトロン、直に言えよ~って感じなんですけど、若い頃豆タンクにお世話になったらしく、言えない模様。
私を使うな~!!!

自分で言うのもなんですが、私はグループのリーダーとか、班の長にはむいている性格をしていると思うのですが、一度同じ立場でスタートした同僚の上に立つのはとてもやりにくいですね。友達になってしまっているし。
だから、仕事も厳しく言えないときもあるし。。。。

寝れば忘れるタイプなので、思い悩んだりはしませんが、会社の運営は一筋縄ではいきませんね。当たり前か。

それでは、今日、火曜日なので豆タンクと戦ってきます~!
ではまた~~~~!!!!

PS お返事、もう少しお待ちください。ごめんなさい。
[PR]
by ireni | 2006-02-14 16:56 | パリ
c0005899_2117695.jpgパリはまだまだ寒い日が続いています。
今日日曜日は、あいにくの曇り空。
昨日は忙しくしていたので、今日は家でゆっくりしようと決めました。
休みの日って、家にいてもものすごく時間が過ぎてしまうんですよね。
やりたいことの半分できたらいいほうで。


c0005899_21162542.jpg写真とは全く関係ないのですが、今日からラグビーの6カ国チャンピオンシップが始まります。
参加国はフランス、イタリア、イギリス、ウェールズ、スコットランド、アイルランドです。
フランス人の男の人が日曜日家にいることが多くなりそうです。


c0005899_21245017.jpg毎年、この時期になると、このラグビー大会のことを書いているので、1年経つのって本当に早いですね。去年の決勝はサルサバーで見ていたような。。。。おととしだったかな???

今回の写真はまたまた、扉特集でした。
みなさま、来週もよい週をお迎えください。
ではまた~~~~!!!!
[PR]
by ireni | 2006-02-05 21:27 | パリ
c0005899_16361989.jpgこちらでダヴィンチコードの写真が見られます。
フランスは5月公開予定。日本はいつなのかな?
[PR]
by ireni | 2006-02-03 16:36 | 映画