<   2005年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

c0005899_16433278.jpg昨日の日曜日のパリはあいにくの小雨模様。お散歩にはちょっと不向きな天気で残念。

夜は友達の家でもう一人のお友達の誕生日パーティーをした。⇒の写真は友達の家の近くの教会。取る7時くらいだったのだが、中からはミサから出てくる人が結構いっぱいで驚いた。


c0005899_16305738.jpgちなみに昨日もまたまたたこ焼きパーティー。もうたこ焼きの写真は撮らなかったんだけどね。皆様からいただいたレシピのおかげで前より美味しいのが出来ました。ありがとうございます。⇒は友達が作ってくれただし巻き玉子焼き。シソと大根おろしとダシで食べる玉子焼き美味しかった!とてもとても久しぶりに食べる大根おろし。おいしすぎる。


c0005899_1634506.jpgそして、ルノートルのピスターシュとラズベリーのバースディケーキ。ちょっと写真の端切れてるけど・・・><;4人で6人用のケーキを買ったのだが完食しました。それもたこ焼きという炭水化物のかたまりの後に・・・・。みんな胃がフランス人です。

私の体は毒に犯されてそう。いつになったらサホさんのようにデイトックスなどが出来る日が来るのかな。もともと意志が弱いしな~~~。やりたいんだけどね~なかなか・・・・・・・。

それでは、また~~~~
[PR]
c0005899_1848538.jpg近所の映画館に昼にわざわざ夜の回の席を買いに行ったら、ペンギンの映画は夜の回まで満席。ということで選択肢なく“Aviator”を見ることになった。感想は・・・・・・・・・・・・・・・・・・(これから見る人は見ないでくださいね。)








ちょっと予想通り、私にはいまいちだった。。。もともとデカプリオのファンではないんだけど。(彼の出ている映画で唯一好きなのはギルバート・グレイプ)彼が熱演しているのもかかわらず、それが好きになれなかったというか・・・・・。
ハワード・ヒューズをよく知っているアメリカ人にはいい映画なのかもしれないけど、いまいち映画に入り込めず。キャサリーン・ヘップバーン役のケイト・ブランシェットはすごく良かったけど。
後、フランス語でles annee folles レザネ フォルと言われる時代(1930年代)の服装が私は好きなので衣装を見るのは楽しめた。

私の行く映画館では、観客がその映画を気に入ったら最後に拍手するのだが、今回満席の中、半分くらいの人が拍手していた。結構年配の人が多かったから、その時代の事を経験しててはまってたのかも。一方で私の近くにいたおっさんは寝ていびきかいてみんなに苦笑されてたけど。


c0005899_1901594.jpg私の映画日記を見ると密かにフランス映画がない!ここ最近、惹かれるフランス映画がないのよねぇ。最近のフランス映画は現実に毛が生えたようなのばかりで、私のなかでは映画はエンターティメントなので楽しめたり大きな感動を与えてくれるものが最近の好み。

右の映画は“アメリ”の監督の新作でフランスでは9月に公開された。アメリまではヒットにならなかったけど、とてもいい映画。私はなにげにアメリよりも好きになった映画。第一次世界大戦の頃の話。映像はジュネの世界にまたまたどっぷり浸かれる。戦争の話なのでちょっと重い内容なんだけど、とてもうまく出来ています。友達の間ではアメリ派と“アン ロング ディマンシュ ドゥ フィオンサイユ”(直訳 長い婚約式の日曜日)派に別れている。日本ではそろそろ公開されるのかな?絶対に見てください!

ではまた~~~!
[PR]
by ireni | 2005-01-30 19:08 | 映画
c0005899_5363821.jpgこの間の日曜日に“Closer”を見に行った。感想はというと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
見たら気分がちょっと落ち込むので元気が無い人にはお薦めできないかも・・・・。
話の内容は書かないけど、それぞれ有名人気俳優、女優が今までとは違う役に挑戦しているのだが、どれもしっくりこなかった。ナタリーポートマンは結構好きなのだが、お嬢様女優を脱出しようとしたのが、逆に痛々しかった。ということで、映画はそんなに悪くなかったんだけど、最後までしっくりこなかった。。。


c0005899_5422597.jpg今週の土曜日は“Aviator”か


c0005899_5432567.jpg“La marche de l'empereur”というフランスのペンギンのドキュメンタリー映画のどちらを見るか迷い中。どちらも見ることになるんだけど。来週も見たいスペイン映画やフランス映画がいっぱいあるので困った。明日の気分で決めよう!

ではまた~~~~!
[PR]
by ireni | 2005-01-29 05:46 | 映画
木曜日の今日、雪の降る中またまたサルサに行ってきました!サルサの記事はほぼ自己満足の世界ですね。
今日はLa pachangaへ。ソワレの前のレッスン(私は取れなかった)がキューバサルサだったのでダンサーはほとんどキューバサルサを踊る人だった。ずーっとプエルトリカンサルサを踊ってたので、最初はちょっとぎこちなかったけど、キューバサルサは流れるように踊るのでそのうちスムーズに踊れるように。

今日はいろんな人と踊れてとても楽しかった。La coupoleは結構、俺は踊りがうまいんだぜ、俺の踊りを見てくれ!っていうタイプが多いのだが、La pachanga(金、土を除く)は気楽に踊りを楽しむという雰囲気なのでリラックスできて踊れた。金、土はナンパ目的の人多し。

一人、ハゲでちょろちょろっと後ろに髪がある人と踊ったのだが、背の高さが私ぐらいだったので、彼が頭の上に手を回す時に毎回、私の手が彼のはげ頭(少しの髪付き)をじょりじょりっとこすったので、ちょっとチキン肌になりました・・・・。1曲が長く感じますた・・・・・。悪い人ではなかったんだけどね。

後、日本に10年住んでいるフランス人とも踊った。もちろん日本語が上手だった。彼は日本とフランスを行き来してて、日本ではフランス語教師、フランスでは柔道の先生をしていて、サルサは日本で始めたそうだ。サルサでは日本の男の子は内気で外国人に負けていると言っていた。日本のサルセーロの皆さん、もっと積極的になりましょう!女の子は待ってますぞ!

そのほかはも~感じが良くて踊りのうまい人ばかりと踊れて幸せでした♪木曜日のパチャンガはいいかも。

ではもう夜中の1時51分なので明日に備えて寝ます~、ではまた~~~
[PR]
今日のパリもまたまた極寒。昨日十分着込まなかったので、今日はスノーマンのように着込んでいった。それでも寒かった。私は北海道出身なのだが雪の無い冬には未だに慣れず、北海道より寒くないパリで寒がっているので、みんなに不思議がられる。雪があるほうが暖かいのですよ。みんな信じてくれないけど・・・・・。


c0005899_6404925.jpg昨日載せたおもちゃさんの隣にある、星の王子様グッズを主に売っているお店。写真がうまく撮れてなくてわからないかもしれないけど、後ろにあるのは星の王子様の暖簾です。他に子供の頃大好きだったバーバパパの暖簾も。


c0005899_647915.jpgこれもまたまた写真が失敗なのですが(だから今日のタイトルはおまけ)最近このようなシンプルな家具、ちょっと日本食器のエスプリを取り入れた食器など多い。ここ3年くらい四角いお皿やお味噌汁などのおわんのようなボールが流行っている。





***今日のパトロン***
今日昼ぐらいからパトロンはいきなり、なんか吐きそうだわと騒ぎ始めた。しばらくして、“新しく買った今はいてるパンツ(下着)が締め付けてるからだわ”と原因を発見。そして、しばらく吐きそうながらも我慢していた・・・・。そしてとうとう我慢できなくなり、“もういいわ、パンツ脱ぐ”とパンツを脱ぎにトイレへ・・・・・・。
パンツを手に戻ってきた彼女はとてもすっきりした様子。“どうせズボンからはパンツをはいてないなんて分からないわよ、ケケケケ”と笑っていた。うちらは何か居心地の悪いものを感じたが、とりあえず、治ってよかったですねとしか言う事が出来なかった。なぜ彼女にはこんなにも色々なことが起こるのだろうか?たまに注目されたくてわざとしているのかなと思う事もある。
とりあえず、今年に入ってとても優しいので、良しということにしよう・・・・・。

それでは、また~~~~
[PR]
by ireni | 2005-01-27 07:02 | パリ
今日はパリは寒かった~。帽子をかぶっていたので体の部分で外に出てるのは顔だけだったんだけど、鼻と頬が寒かった。こういうとき、ふとデスマスクが欲しくなるのは私だけでしょうか?
c0005899_773398.jpg
昨日からのお散歩の話の続き。あまり注意して通りの名前は見てなかったんだけど、Cardinale通りなはず。


c0005899_784466.jpgこんな車通りの少ないオシャレな通りに住んだら素敵だろうな。


c0005899_795967.jpgPixi et companieという名のおもちゃ屋さん。タンタンのフィギュア(というのかな)などがたくさんあって、タンタン好きな私には嬉しいお店。


c0005899_7121435.jpg左が昔のタンタンで右が後の時代のタンタン。でも、タンタンの作者ってなにげにベルギー人なんですよね。





お散歩の写真は明日もちょこっとアップします。
今、夜の11時20分なのですが、今日隣に越してきたばかりの子がパーティーしていて音楽がんがんかけて、ものすごくうるさい~!すでに階下のおばさんに怒られた様子。12時までにはやめて欲しいわ~。
フランスでは結構、パーティーをするときはアパートの入り口に“今日は何階の何号室でパーティーをするのでご迷惑をかけます”という張り紙を張る。前もって謝られるとうるさくても、しょうがないかなと諦められるので私はこの習慣に賛成。そして、暗黙の了解で大きなパーティーは木曜日以降というような感じになっている。
が、しかし隣に引っ越してきた若者くんは、張り紙なし、そして火曜日ですぞ!彼の真下に看護婦さんのお姉さんが住んでて彼女は常に朝当番なんだけど、眠れているのか心配です。
それでは、早く終わることを祈って、また明日~~~!
[PR]
by ireni | 2005-01-26 07:23 | パリ
今日、準備していた仕事が終わって、ほっとした。ワーッと仕事をして、それが終わると自分の中身が空っぽになった感じ。何もする気になれなかったので、会社の片付けなどをして、みんなで早めに帰宅。

c0005899_4492271.jpg昨日の日曜日は寒かったけど、晴天のお散歩日和。朝帰りに死んでいたが、太陽の出ている時間が少ない今の時期は体が太陽を欲するので、外に出ねば出ねばと頑張って外出。

この写真はアンティーク屋さんのショーウィンドウに飾ってあったもの。みょ~~に惹かれた。私の勝手な憶測なのだがポルトガルっぽい感じがする。全然違って、デンマークから来ていたりして。


c0005899_4534657.jpg好きなお店の一つ、フラマンというインテリア雑貨屋さんのショウウィンドウ。写真にはうまく撮れなかったのだが、違うショウウィンドウにはミンクのカバーの一人かけソファー見たいのが飾ってあってゴージャスだった。


c0005899_458079.jpgパリで一番綺麗な通りたちの一つといわれている、Furstenberg フュルスタンベール通り。とても雰囲気があります。

それでは続きはまた明日~~~~~~
[PR]
by ireni | 2005-01-25 04:59 | パリ
c0005899_656995.jpg
昨日の土曜日は二人のお誕生日パーティーをした。
まず、一人目の誕生日はパトロンの73回目の誕生日!内緒で朝彼女が会社に来る前にケーキと花束を買って隠しておいた。昼食が終わった後、ケーキとお花を一斉にみんなで“Bon anniversaire”ボン アニヴェルセール(お誕生日おめでとう)と言って渡した。
今週のあまりの忙しさの中、何も待っていなかったようで、本当に驚いて、喜んでいた。もう少しで泣くのではないかというくらい、感動していた。鬼の目にも涙である。喜んで貰えて私たちも嬉しかった。
うちの会社にはお客様にいただいた、シャンパンがストックされているので、(いいでしょ)パトロンがじゃあ、ケーキと一緒に飲もうという事になりこの写真のシャンパンを飲む事に。このシャンパンおいしかった~。ケーキにとてもあった。


c0005899_763087.jpgそして二人目の誕生日はマリー。仕事が夜の10時に終わったのでソフィーと遅刻して行く事に・・・・・。


c0005899_785465.jpg彼女が昼から一生懸命作った、おつまみの数々。どれもこれも美味しかった。
散々食べた後は、セーヌ川にある船の中のディスコに行く事に。最終のメトロに乗って、いざ出陣。が、しかし、着いてみたら外にものすごい行列。外は極寒のどしゃぶり。(4人で1つの傘しかなかった)待ちましたよ、1時間。この寒い中、マリーのために。みんな最後には足先が痛くなって、動くのもやっとだった。
やっと入れたのが夜中の2時。凍えきった体を温めるために最初からみんなで飛ばして踊りますた。。。2時から閉店の5時半までノンストップで。。。。。。

久しぶりに徹夜で遊んだので、年のせいと疲れもあるけど・・・・・初めて死にますた。昼、鞭打って起きますた。。。。でもいい気分転換になった。

そして今日日曜日はサンジェルマンデプレへお散歩に。今週にアップします。
では、明日が大仕事の最終日。頑張ってきま~~~す!

ではまた~~~~!
[PR]
今日はパリの物価についてちょっと・・・・。
Nylibertyさんのところからトラバさせていただきました。大海原なニューヨーク
いつも、フランス人に日本の物価は世界一高い高いといわれ続けて
どのくらいパリと違うのか?と言う質問をよくされます。で、パリとそんなに変わらないよと答えると、そういう答えを待っていないので(もう日本は高すぎて住めないわという答えを彼らは待っている)いつもみんな不満足な顔をする。
このNylibertyさんのところで見られる生活費ランキングとでもいうのでしょうか?パリ3位です!!!やっぱり。。。。
これをフランス人に見せたい!特に会社の社長さんがたに!
ユーロになってから、一気に物価が上がり、そして家賃も高い!レストランも高い!パリで安いのは野菜と果物くらいか?でも地方に比べたら高いしな。
なのに私の給料は物価が上がっても上がらないので、年々生活が苦しくなってますよ!パトローン!

ということで、普段のギリギリ生活が妙に納得してしまっていいのか悪いのか。。。。。

今日は休日出勤デース。疲れてきたよ。。。。

ではまた!!!!!行ってきま~~~す!
[PR]
c0005899_650683.jpg朝食の放しの続きを。一日の食事の中で朝食が一番好きだ。どんなに寝坊しようが必ず朝食は食べる。朝食を取らないと1日体の調子がおかしくなる。
日本にいた頃、結構周りの友達は朝食べない派が多かった。フランスに来て朝食を食べない人に出会った事が無い。
フランス人の典型的な朝食はバゲットにたっぷり塗ったバターとジャム。それにカフェ、紅茶フレッシュジュースまたはカフェオレとともに食べる。バターはブルターニュやノルマンディー地方は有塩バターでその他の地方は無塩バター。シリアル派も結構多い。
⇒全く記事には関係なく、さらにブランチの話をしているのに夜の風景とは情けない・・・・

私は懐に余裕があるときには日曜日にブランチを食べに行くのが好きだ。今日は私の好きなブランチを食べさせてくれるところを2件ご紹介。(私の知らない美味しいブランチを食べさせてくれるところがパリには他にもたくさんあると思いますが・・・)

まずはベルギーやイタリア、世界各地にあるPain quotedien パンコティディアンパリでは、マルシェサントノレ広場やマレ地区のアルシーヴ通りなどにある。ここのブランチはチーズやサラダなどもついてくるのだがなんといっても豊富な種類のジャムが目玉。何種類かのパンとともに10種類くらいのジャム、チョコレート、プラリネ系のクリーム、ミルクのジャムなどが瓶ごと運ばれてくる。テーブルはジャムの瓶でいっぱいになり、どれもこれも食べたいので最後にはおなかがいっぱいになり動けなくなる。お店もありパンやヨーグルト、ジャムがその場で買える。

2件目は凱旋門近くにあるプレスブール通りにある“Sir Winston”というバーレストラン。
ブランチを食べながら、生のジャズ演奏を聴きながら優雅にブランチを食べられる。(毎週日曜日コンサートがあるかは不明)
バーの内装も独特でおもしろい。ブランチ自体は普通においしくその場の雰囲気を楽しむといった感じ。

ちなみにうちの定番ブランチはカリカリのベーコンとチーズ屋さんで買う放し飼いの鶏の卵の目玉焼きとパン、ジャム、バター、紅茶。
日曜日に美味しいブランチをゆっくり食べるのって幸せですよね。

ではまた~~~~~!
[PR]