カテゴリ:旅行( 18 )

c0005899_524742.jpg
今年はものすごく日本暑かったですね。
札幌も毎日、札幌らしくなく蒸し暑い日々が続きました。
基本的に北海道はエアコンがない家も珍しくないくらい、暑くてもエアコンなしで普通は過ごせるのですが、今年は無しでは結構つらいですね。
うちは唯一居間にエアコンがあるのですが、私の部屋はもちろんなし。
夜中大量の自分の汗に目覚めるという、札幌では体験したことがないことを体験しました。

それに比べて、フランスの涼しいこと。
なんかちょっと寂しい気もしますが、枯葉が舞い始めています。

でも、9月は毎年いい天気のことが多いので、それに期待しましょう。


c0005899_57889.jpg
写真はこの夏に行った、恵庭市にあるエコリン村というところです。

恵庭は札幌から車で1時間以内で行ける街で、花の街にしようと力を入れているところです。
道の駅も、きれいなんですよ。

エコリン村は、ガーデニングのお店と、動物や、イギリス人設計の複数のイングリッシュガーデンがある、銀河庭園などからなり、気軽に行けるいいところです。
サイトはこちら

併設のイタリアンレストランもおいしく、札幌近郊のお散歩コースに最適です。
元気があれば、帰りに三井アウトレット行けるし。

ここには、私の大好きな札幌のショコラティエ・マサールのカフェがあって、スイーツがとてもおいしいです。
マサールのサイトはこちら

いつも日本に帰ると最初の1週間は、フランスが恋しくなるのですが、フランスに帰ると最初の1週間は日本ってやっぱりいいよなーと思ってしまうんですよね。
日本は便利。コンビニも便利だし。
日曜日もお店がやってるし、接客は本当に丁寧だし、リラクゼーションサロンがいっぱいあるし、気軽に入れるし。
いいなー日本(笑)

次回はフランスねたをかけるようにがんばります。

ではまた~~~~!!!!
[PR]
by ireni | 2010-08-26 05:24 | 旅行
c0005899_723371.jpg
2週間ほど前に、年末前に忙しくなる前にどっか近場で旅行したいなーと思い、2年ぶりにベルギーに旅行に行ってきました。
雨女の私は、もちろん毎日雨、雨、雨。
でも、ベルギー旅行はとてもおいしかったので(笑)よしということで。


c0005899_725361.jpg

今回はThe Dominicanというホテルにしました。
ベルギーはホテルは5星評価ですが、前回は5星でホテルはすばらしかったけど、部屋はいまいちでした。
今回は4つ星だったけど、口コミの評判がとてもよかったので、ここにしました。


c0005899_7283745.jpg
ここのホテルはとてもお勧めです。スタッフも感じいいし、何より部屋がいいです。
スタンダードでも、33M2と結構広め。バスタブもゆったり。
ハマム、サウナ、ジムも小さいながらにありますし、中心地からもすぐそばで、行動しやすかったです。
値段も、このレベルではとてもリーズナブルだと思います。


c0005899_7315822.jpg
レストランも今回ははずすことなく、ベルギーはやっぱりおいしいなーと再確認。
私の超お勧めは L'achepotという、レストラン。2年前にたまたま入って、ものすごくおいしかったので、今回再訪。
今回はディナーだったのでちゃんとフランスから予約して行きました。
予約して、正解で何人もの予約なしのお客さんが帰されていました。
ここは、夜はものすごーく暗いので私のデジカメでは全くとれず。。。なので写真はないのですが、
ベルギー名物、牛肉のタルタルのキャヴィア添えは絶品でした。
後、前菜に食べた、カリカリゆで卵と、海老(crevette grise ベルギー名産)のスープも!!!
サーバーさんもとてもサンパです。


c0005899_7374054.jpg

もうひとつのお勧めは、レストランBij den Boerここは魚料理専門店。新鮮な魚料理が食べられます。
特に、Turbotinがお勧め。

後は、ムールを食べたり、ピエール・マルコリーニに行ったり、ヴィタメールにワッフル食べに行ったりと、食道楽な日々でした。


c0005899_747542.jpg
グランドパラスは大きなクリスマスツリーと、実物大のCreche、しかも本物の羊が何頭かいておもしろかったです。


c0005899_7494030.jpg
夜は、グランドパラスでは光と音楽のショーが行われていました。


c0005899_751057.jpg
1回旅行に行くと、またまたいろいろ行きたくなってしまいます。
時期によって、1番行きたい国って変わるのですが、今はなぜか英語圏の国に行きたく、NYかロンドンに行きたい!ロンドンなら近いから、行こうと思えばいけるかな???お金があれば。。。。
その後、イタリア、ポルトガルかなー。
妄想入るので、この辺でやめます。


c0005899_88991.jpg


では、みなさま、よいクリスマスを。

ではまた~~~~!!!!
[PR]
by ireni | 2009-12-24 07:59 | 旅行
ちょっと前なのですが、イースターの連休にブリュッセルに行ってきました。
本当はドーヴィルかどっか、ノルマンディーの方に行こうと思っていたのですが、2日前から探し始めたので、もちろんどこのホテルも満室で諦めていました。

で、出発1日前にSNCFのサイトを諦めがちにどっか行くところないかナーと思って見ていたら、ベルギー行きが安いじゃありませんか、おまけにホテル調べたら、高級ホテルがプロモーションでやすいじゃありませんか、と言う事で、急遽ベルギーに決定。
観光本を買う暇もなく、下調べなしに無謀にGO!(笑)

ベルギーはフランス語が通じてよかったー。
c0005899_6563241.jpg
行きはプルミエクラスに初めて乗ったんですけど、軽食がついてくるんですね。10ユーロの違いで、こんなに差があるとは!!!
これなら、10ユーロ出して、ゆったり座れるプルミエに乗ったほうがいいかも。


c0005899_701356.jpg

何にも下調べしなかったので、直感にまかせ、散歩がてらレストラン探したんですけど、行くとこ、行くとこ当たりで、ベルギー、パリに負けない美食の街!と思いました。
写真の羊の腿肉もおいしかったー。


c0005899_732840.jpg
ホテルの人においしい、ゴーフルが食べられるところを聞いて、Wittamer(綴りあっているか不明)に行ってきました。
朝食がてら行ったのですが、おいしかったので翌日も行ってしまいました。
菓子パン系も、食べられるのですが、クロワッサンにカスタードクリームをはさんだものがあって、それもおいしかったです。パリでは見たことないですね。


c0005899_781039.jpg
大好きなflamantの本店にも行けて、大満足。
ここに来ると、家をこういう感じにしたいなーと夢見ちゃいます。

パリから1時間20分とすごく近いのに、一回も行こうとアイデアが今まで浮かばなかったのですが、今回行って、大満足。
観光本がなかったので、見るものはあまり、見ていないのですが、食べ物がおいしかったし、人々も優しかったので、いい旅でした。
また、いつかの週末に行きたいです。

ではまた~~~~!!!!
[PR]
by ireni | 2008-04-04 07:12 | 旅行
c0005899_19205912.jpg
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

年始は南仏のほうに太陽を求め、旅行に行ってきました。
が、しかし、雨女を通り越して、嵐女の私は、もちろんしっかり、毎日雨嵐にあってまいりました。。。。。
初日のニースだけ、幸運にも快晴で海で初泳ぎをしている人もいましたが、その後は残念ながら雨でした。。。。



c0005899_1924740.jpg

この時期の南仏は、イタリア人観光客しかいませんでした。
歩いてても、イタリア語しか聞こえないので、ここはイタリア?と錯覚を起こすほど。
レストランやお土産屋さんのフランス人もみんな、イタリア語話しますしね。
アルザスのそれがみんな、ドイツ語を話すのと一緒なんでしょうね。
昔、少しイタリア語をかじって、ちょっと話してみましたが、語学は真剣にやらないとだめですな。超しどろもどろでしたよ。。。。。


c0005899_19274095.jpg

まだこの時期は、どの街に行っても、マルシェドゥノエル、クリスマスの市場が残っていて、遊園地もあって、見ていて面白かったです。
1番豪華だったのが、やっぱりモナコ。
遊園地は、人口雪のアトラクションやら、氷の上のゴーカートやら、お金がかかってました。
あまりにも寒すぎて、写真撮るの忘れたんですけど。。。。

お天気には恵まれませんでしたが、いい気分転換になりました。

それでは、また~~~~!!!!
[PR]
by ireni | 2008-01-06 19:31 | 旅行
今回は本当に最後のアルザス地方の旅、最後です。お付き合いいただきどうもありがとうございました。
アリア家のストラスブールの旅でも同じところを写したのが何箇所かあるので、是非私の旅の写真の不完全さを埋める意味でこちらもストラスブルグ03 Strasbourg vol.3見てみてください。
アリアパパの写真は私のと比べ物にならないほど美しいです。。。。



c0005899_6211522.jpgアルザス地方はコウノトリで有名です。
コウノトリがこのアルザス地方に巣を作るからなのでしょうか?
いろいろとコウノトリの逸話はアルザスにあるそうです。
コレはプチ・フランスという界隈をを散歩していた時に見つけたコウノトリ。一瞬本物かと思いました。


c0005899_6285671.jpg
プチ・フランスの景色です。
ここの川をクルージングすることができます。確か、食事ができる船もあったはず。
ここら辺は川の側にレストランが色々ありました。
京都の川床みたいに、川にとても近いテラスなどもありました。


c0005899_6294965.jpg最終日の日曜日は写真では穏やかに見えますが、かなりの量の人手でした。
船に乗るのもものすごく行列しなければならず、諦めました。
金曜日に乗っていればよかったな~。


c0005899_6331947.jpg
ストラスブール聖堂の近辺を散歩していた時に、ふと入った小道で小さいお庭を見つけました。
写真は上手く取れませんでしたが、とてもきれいな風景で、印象に残っています。


c0005899_6343947.jpg素朴にcafeと書いてあるのが、かわいいでしょ?
ここのカフェのテラスではみんなひなたぼっこしていました。


c0005899_6343691.jpg最後におまけで、オベルネの小川の写真なぞ。。。
アルザス地方、川が多いのかな?
結構釣りスポットが街を離れるとあるみたいです。


c0005899_636852.jpgここの川も澄んでいてきれいで、ニジマスがたくさん泳いでいました。


c0005899_6365768.jpg
私の今回のお気に入りの1枚!
アルザス地方は陶器製品(poterie)も有名で、テリーヌ、クグロフ、グラタン皿、ココットなどカラフルな陶器がお店に並んでいます。
この陶器屋さんは、伝統のアルザス陶器ではなくオリジナルな形や色の陶器を売っていました。
店の前にいる、老夫婦がおちゃめでしょ?

これで私のアルザス地方旅行記は終わりです。
長い間お付き合いしてくださった皆様、どうもありがとうございました。
なんか今回は、写真の配置のバランスが悪くて、納得いきませんが、直しようもないので、このままでごめんなさい。
明日からは普通のパリの生活に戻ります☆
ではまた~~~~!!!!
[PR]
by ireni | 2005-10-21 06:42 | 旅行
c0005899_5371944.jpg
Eglise Protestante Saint-Pierre-Le -Jeune エグリーズ プロテスタント サンピエール ルジューヌです。
プロテスタントの教会だから、今まで見てきた教会と違う感じがしたのでしょうか?
入った瞬間から、何か感じが違いました。外見は写真を撮るのを忘れましたが、特に特徴のあるものではありませんでした。


c0005899_5534470.jpgこの教会は10世紀の頃、ロマネスク教会があったのですが、その後、12世紀ににカトリックのゴシック様式の教会を建て直したそうです。
境界の半地下には、ロマネスク教会時代の埋葬堂が今でも残っていて、見ることができます。埋葬堂の壁には、今も骨があり、ちょっと怖くて、ココの写真は撮る気にはなりませんでした。


c0005899_5581084.jpg
上の写真と同様、教会はこのような天使の飾り照明(とでも言うのでしょうか?)で、照らされていて。とてもきれいでした。
壁の壁画は、確か14世紀のもので、そのまま残されている壁に感動しました。
教会には、世界各国の言葉に訳された説明書があるので、それを見ながら見学すると良いでしょう。
(ちょっとガイド風に言ってみました 笑)


c0005899_611053.jpg椅子もきれいに装飾されています。


c0005899_615540.jpg中央にある、パイプオルガンを越えると、別室のお祈りするところがあります。
さらに進むと、また個室があり、立派な像などがいろいろとあるのですが、雰囲気に飲まれてしまって、ちょっと写真を撮るのがばちがあたりそうというか、ちょっと怖くなってしまったので、とても美しかったのですが、写真は撮りませんでした。
何か、かけ離れたものというよりは、何か人間臭さを感じたのでしょうか。。。。ちょっと怖くなったのですよ、説明上手くできないんですけど。。。


c0005899_652632.jpg別室から見た、主室。(主室というのかな~・・・・。)


c0005899_682662.jpg細いステンドガラスも、どこかに力強さを感じます。


c0005899_6134378.jpg本当は今日で、アルザスの旅行記を終わりにしようと思ったのですが、プチ・フランスの写真が少し残っていて、結構お気に入りな写真なので、後1日続けたいと思います。
今日まで付き合ってくださった方々、どうもありがとうございました。
後、1日我慢してくださいね。
ではまた~~~~!!!!
[PR]
by ireni | 2005-10-19 06:13 | 旅行
c0005899_2572029.jpg
でで~~~ん!
コルマールから帰ってきたその日の夜、夜の聖堂はどんな感じか見に行きました。
迫力ですね。ちょっとロード・オブ・ザ・リングを思わせます。
(そんなのと比較するなって? 汗)


c0005899_2585847.jpg3日目の日曜日の朝、街を散歩しました。
静かな日曜日の朝の散歩って好きなんですよね~。
普段の日と別な顔が見れる感じがして。
ストラスブールの道の名前は、おもしろく、昔は同業者が同じ通りに固まっていたので、とおりの名前がギルドの名前になっています。
なめし工通り(rue des Tanneurs),金銀細工師通り(rue des orfevres),樽屋通り(rue des Tonneliers)などなど。
今はその職業はその通りにはありませんが、看板や旗などを残している通りもあります。


c0005899_382538.jpg3日目にして、ちょっと体調が戻ってきたので、朝は名産のクグロフを食べました。
ちょっとバターの少ないブリオッシュといった感じでした。私はパンオショコラのほうが好きかな(笑)
パリではあまり見かけないのですが、ストラスブールではヴァニラのエクレアがどこのパン屋さんにもあり、とてもおいしかったです。(写真はないのですが。。。。)
なんで、パリにはあまりないのかな???(たいてい、ショコラかカフェのエクレア)


c0005899_3134543.jpg

そして、煙となんとかは高いところが好きということで、高いところが好きな私は、ストラスブール聖堂に登ってきました。
142mもあるということで(登れるところはそこまでないですが)、階段結構思ったよりも辛かったですね。
でも、登りついた後は、爽快~~~!
ストラスブールの建物の特徴でもある、とんがった屋根を色々と見ることができ、楽しめました。


c0005899_315660.jpg上から地面を見るとこんな感じ。
ちょっと、ゾクゾクッテきません?(笑)


c0005899_316165.jpg聖堂の跡は、川沿いを散歩したり、もう1度、プチ・フランスと言われる界隈を散歩したりしていました。
明日は、ストラスブールの聖堂の次に有名な、12世紀ごろから建築され始めた、教会の写真をお見せします。
私はこの教会をみて、久しぶりに感動しました。
では、あともう1日お付き合いください。

ではまた~~~~!!!!
[PR]
by ireni | 2005-10-18 03:18 | 旅行
c0005899_18165170.jpg
アルザス地方2日目、オベルネを後にし、ローカル電車にとことこ揺られ、コルマールに行きました。
どのの街にも中心に教会。
今回は中に入るのを忘れましたね。。。。


c0005899_18191834.jpgアルザス地方といえば、豚肉料理。
ソーセージが連なって、女の子が豚を追いかけています(笑)
こういう看板好きなんですよね~。
古い町並みではこういう看板を見ているだけでも楽しい。


c0005899_18205278.jpgアルザス地方の建物は、とんがったものが多いですね。
屋根も他の地方に比べたら、角度というのでしょうか?急ですしね。
ちょっとこの中に入ってみたい。。。


c0005899_18241324.jpgかわいい帽子屋さんがありました。
建物の感じも古いですが、置いている帽子もクラシック???
何十年か前は、パリもこんな感じのお店が多かったのでしょうね。


c0005899_18254273.jpg屋根の色合いがおもしろかったので、写真を撮りました。
ココは確か、美術館か展示会を行う大きなギャラリーだったと薄ら覚えなのですが。。。。。
このように、建物の屋根が大きいのですよね、この屋根を横から見ると、先がとんがっていると思います。


c0005899_18261350.jpgなんか、ちょっとインドネシアとかタイとか東南アジアを思わせるような建物だと思いません?
どこかエキゾチックな建物でした。
1階はレストランになっていました。

ここで、アルザスにシーズンに行く人にアドヴァイス。
必ずレストランを予約しましょう!
おいしいところは予約しないと入れません。
旅ではやはり、食事が大事。おいしくなっかったら旅の楽しさも半減。
なので、行きたいレストランがあったら、1週間前くらいには予約をしておきましょう!

では、もう飽きた~という方もいらしゃると思いますが、最終日のアルザス地方の旅に、もう少しお付き合いください。
ではまた~~~~!!!!
[PR]
by ireni | 2005-10-16 18:31 | 旅行
c0005899_13424315.jpgアルザス地方の旅、2日目は小さなローカル電車でとことこと揺られて、ワイン畑に囲まれた町オベルネに行ってきました。


c0005899_1343181.jpg小さい町なのですが、これまた意外に観光客が多いのですよね~。特にドイツ人の。
そして、わたしは午後の1時くらいに着いたのですが、どの店も昼休みで閉めていて、通りはしーーーんとしていました。最初、この町は活気がないのかな?と思っていたのですが、ただの昼休みでした。


c0005899_13485548.jpg
でも、昼休んでいるレストランもあって、例えば、営業時間が11時30分から13時とか。。。。。フランス時間にはありえない営業時間でびっくり。ドイツ昼食時間にあわせていたのでしょうかね。
観光地で美味しそうなレストランを探すのって難しいですよね。人のお勧めがあればそこに行きますが、全く知らない土地でのレストラン探しは大変。
今回もこの町のレストランを一通り見てから決めました。
といっても、私は前日の食事でおなかを壊していたので、サラダしか頼まなかったので写真はないのですが。。。(食べ物を見るのもいやだったし 笑)


c0005899_1351817.jpgここは。この町の町役場です。
ストラスブールと一緒で、この町もどこも花が飾られていました。
秋なのに、とても華やかな感じ。


c0005899_13522925.jpg小道好きな私は、適当にてくてくと小道を歩き回っていました。
パリとは雰囲気が全然違いますね。


c0005899_13541031.jpg明日はオベルネのワイン畑の写真をお見せしようと思っています。
アルザス地方の写真に飽きた方も、もう少しお付き合いください。

ではまた~~~~!!!!
[PR]
by ireni | 2005-10-14 13:55 | 旅行
c0005899_15173679.jpg
ストラスブール聖堂で有名なのがこの仕掛け時計。昔は1時間おきに仕掛けを見せてくれたらしいのですが、現在は12時30分の1回だけ。
なので、その1回を見るためにものすごい人になるらしく、知り合いは2時間前から並んでも見られなかったそう。


c0005899_15234051.jpg
コレを聞いていたので、はなから仕掛けを見る気は失せていました、残念だけど。
でも、仕掛けを見られなくても、この時計を見るだけで十分。
とても美しかったです。


c0005899_1524177.jpgその仕掛け時計の横にあった、柱。
時計に負けず、きれいでした。


c0005899_15253410.jpg教会は外から入ってくる光が計算されているので、時間によっては、はっとするくらい美しい時がありますよね。
この日は霧がかかっていたので、光で楽しむことはあまりできませんでしたが、それでも美しい光景を見ることができました。


c0005899_15284668.jpg教会の入り口です。
扉好きの私としては、この赤い扉がとても気に入りました。


c0005899_15294593.jpgでは、ちょっとここで食べ物の話でも。。。。
アルザスでは、どこのレストランでもミネラルウォーターを頼むと、Carolaというアルザスの水が出てきました。
瓶のデザインが爽やか!


c0005899_153026.jpgアルザス名物といえば、色々とあるのですが、代表的なものはシュークルート、ドイツで言うザワークラフトです。それにソーセージ。
後は、豚肉料理、ジャガイモ、川魚などが名物です。
基本的に、アルザス料理は量が多くて、おなかにズッシリくる料理ですね。
胃が丈夫ではないと、アルザスでは生きていけません(笑)
私は早速、旅の疲れと重なってか、初日でダウンで(笑)、残りの日々は、お料理の写真はないのですが。。。。。すみませぬ・・・・・。

コルマール、オベルネの旅にもお付き合いください。
ではまた~~~~!!!!
[PR]
by ireni | 2005-10-12 15:35 | 旅行