カテゴリ:映画( 22 )

c0005899_23231875.jpg

今回のオスカーはフランス映画の The Artist の勝利でしたね。
主演男優賞のジャン・デュジャルダン、日本では誰って?感じでしょうか。

彼は有名になる前は、小さい劇場でコメディー系のお芝居をしていて、2000年くらいから、テレビで月~金まで毎日5分くらいのドラマ、un gars une filleという、フランス人カップルを題材にしたコメディードラマで人気者になり、それからとんとん拍子に映画俳優で主演を勤めるようになりました。

un gars une filleは本当に流行って、次の日会社でエピソードが話題によくなってました。
その彼がオスカー取るとはその当時誰も想像してなかったでしょうね。

アメリカではこの映画はオスカーをとるような作品ではないと批判されているようですが。。。
何はともあれ、デビュー当時を知ってって、ここまで成功するのを見るのは気持ちがいいものです。
[PR]
by ireni | 2012-02-28 23:31 | 映画
c0005899_2033261.jpg
インディー・ジョーンズ見てきました!
最終の回に行ったら、字幕の方は完売で、仕方なくフランス語吹き替えで見ました。
フランス語の吹き替えは、ハリソンフォードの声ととても近いことを知っていたので、違和感なし。
フランスの、スタローン、ジョニーデップ、ブラピなどなど、かなり声が違う吹き替えもあり、これは絶対に吹き替えでは見られません。
スタローンの吹き替えなんて、1日50本タバコすっている人のような声ですから(笑)

フランスではそんなに評価が高くありませんでしたが、私は個人的にはとても楽しみました。

最近、こういうわくわくする、アドヴェンチャーと言うものが少ないので、久しぶりにこういうのを見られてよかったです。
さすが、スピルバーグと、ルーカスです。

19年のギャップを経てのハリソンフォード。
さすがに、年を感じましたが、65歳とは思えない動きで、まだまだいけると思わせてくれました。


今日はカンヌの最終日、ローランギャロス開幕、モナコグランプリと話題てんこ盛りのフランスです。
皆様、良い日曜日を。

ではまた~~~~!!!!
[PR]
by ireni | 2008-05-25 20:37 | 映画
c0005899_662717.jpg好きな俳優の一人、ミシェル・セローが死にました。
今日、オンフルールでお葬式があったそうですが、首相や各界の大物が来る葬儀だったそうです。

日本ではエマニュエル・ベアールとの競演の、”ネリーとムッシューアルノー”で有名でしょうか?
今年はフィリップ・ノワレ、ヌーベルバーグのジャンクロード・ブリアニーなど、大物俳優が逝去し、とても寂しいですね。

彼らのように真の俳優で魅力的な人たちはもう、なかなか出てこないでしょうね。
それは、フランスだけではなく、日本やアメリカにも言えること。
最近はあまりにも容姿が優先してますし、日本に関して言えば演技の勉強をしたことがなくても女優になれますからね。
ただ、私が年をとっただけなのかもしれませんが、内面から出る魅力があり惹かれるような人は最近発見していません。

音楽も毎回絶対アルバムを買いたい!というアーティストはあまりいませんね。
この先、ビートルズのように世界旋風を起こすような人たちって出るでしょうか。

私が毎回アルバムを買うのは唯一、サルサ界のプリンス、マーク・アントニー(知らない方にはジェニファーロペスの夫)ぐらいでしょうかねー。
1部のラテンミュージック好きにしか知られてないですけど・・・・・。
彼のコンサートフランスでたぶんやったことないんですが、来たら会社休んでも行きたいですね。(笑)

なんか、マジメに書いていたブログがずれていきましたが、ミッシェル・セローの死がさびしかったので書きました。

ではまた~~~~!!!!
[PR]
by ireni | 2007-08-03 06:21 | 映画
c0005899_6235977.jpg来週の17日からいよいよ、カンヌ映画祭が始まります。
オープニングフィルムはダヴィンチコード。楽しみですね~。
フランスの全教会がこの映画に反対して、ダヴィンチコードの話に反逆するDVDを作ったとか。
でも、この映画、配役が私好みじゃない!
って、それぞれ本を読んだ人の中にそれぞれの配役があると思いますが、私が納得いったのは、M.ソーニエール役のフランス人俳優ジャンピエール・マリエルくらい。
後は、違うんだな~と勝手に思ったりしてます。

そして、カンヌ映画祭の出品作で、待ち遠しいのが、


c0005899_6254699.jpgこれも来週から始まる、アルモドバルの最新作。
今回は、ペネロペ・クルーズが主役です。


c0005899_6271118.jpgもうひとつは、ソフィア・コッポラのマリーアントワネット!!!
彼女が撮ったマリーアントワネットはどんな感じなのか、とても楽しみです。
衣装もとても興味深いし。


c0005899_6284683.jpg週末にミッションインポッシーブル3を見に行きました。
トム・クルーズすごいですね。足早すぎ。
今回は彼のアクションにびっくり。話もなかなか凝っていて、最初から最後までハラハラどきどきで、エンターテイメント性の高い映画だと思います。

週末まであと1日、頑張りましょうね~!
ではまた~~~~!!!!
[PR]
by ireni | 2006-05-12 06:37 | 映画
c0005899_15184229.jpg久しぶりに、いい映画に出会えました。
今年は見るもの見るもの期待はずれでブログには書きませんでした。
今週末みたこのロマンツォ クリミナーレと言うイタリア映画は2時間30分と言う長い映画なのですがあっと言う間に時が過ぎるほど、最初から最後まで退屈しませんでした。

話は70年代のイタリアのテロが頻繁にあった暗黒時代についての話です。
シナリオは大好きな映画 nos meilleurs annees(6時間の映画!)と同じ人です。
今回、これぞ映画!と言うものを見れて大満足。

日本に来たらみなさん、是非見てみてください。

ではまた~~~~!!!!
[PR]
by ireni | 2006-04-20 15:23 | 映画
c0005899_16361989.jpgこちらでダヴィンチコードの写真が見られます。
フランスは5月公開予定。日本はいつなのかな?
[PR]
by ireni | 2006-02-03 16:36 | 映画
c0005899_1659593.jpg昨日は久々に映画を見てきました。
チャーリーとチョコレート工場以来、ぱっとした映画がなくて、行く気になれず、最近はもっぱら家でDVD鑑賞でした。
今週は待ちに待った、ティム・バートン監督作品の“Les noces funebres”(フランス語で)英語では“Corpse bride”だったと思います。日本語ではなんでしょう???
フランス語ですが、サイトがとても凝っているので、見てみてください。こちらへ
きっと、日本語バージョンのもあるのでしょうね。

肝心の映画のほうですが、よかったですね~。私はティムバートンの作る世界が大好きなので、世界にどっぷり入りました。
ひとつひとつの芸も細かく、映画中、いろんな細部をを見なくてはならないほどでした。

このような、人形を一コマづつ撮った映画好きなんですよね。年齢がばれるかもしれませんが、幼稚園のころ、サンリオがこのような人形の映画、“くるみ割り人形”を作ったんですね。
映画は2回くらいしか見たことがないですが、大好きで、その映画の写真付きの本を100万回見た記憶があります。
そのころから、人形の映画のファン。でも、何でもいいというのではなくて、ストーリーがしっかりしているもの。
映画を作っているところなども想像すると、ワクワクしてしまうのです。

これから、色々いい映画がフランスには来そうなので、楽しみです。
ではみなさま、残りの週末をお楽しみください。
ちなみに、パリは昨日の雨とはうって変わって、大快晴です!
ではまた~~~~!!!!
[PR]
by ireni | 2005-10-23 17:29 | 映画
c0005899_151106.jpg昨日はブラット・ピット、アンジェリーナ・ジョリー主演の“M et Mrs Smiths”を見に行きました。
シャンゼリゼにある、映画館に行ってきたのですが、夜の10時という遅い公演にもかかわらず、大行列の超満員御礼。
フランスではこの映画の前評判あまりよくなかったんですけどね。そんなことはどこ吹く風で、ブラピパワーでなのか、観客を集めていました。
映画のほうはというと、ほとんどコメディー映画に近いですね。とても楽しめました。
映画の内容があるというよりも、ブラピとアンジェリーナ・ジョリーをかっこよく、美しく見せるために作られたような映画でした。


c0005899_15165630.jpgブラット・ピットのファンかと聞かれると答えに困るのですが、彼の映画を見るたびに、彼の容姿には惚れ惚れしますね。この間の“トロイ”では肉体美を見せてくれたし。今回はそんなに彼の体を見るシーンはありませんが、どんな服を着せても彼流に着こなしてしまうのに、感心しました。
均整が取れたスタイルをしているからなんでしょうけど。
彼のぽんと出たお尻には本当に惚れますね(笑)


c0005899_15213123.jpgフランス人の女の子が男の子を見るときにどこを見るかというと、(全員ではないですよ~!)目とお尻です。
男の子は多少顔がよくなくても、きれいな目をしていたら、もーもてます。それは女の子にも入れると思うけど。
後は、引き締まったお尻(笑)

日本では、女の子が男の子を見るときどこを見るんでしょうね~?手という意見がおおそうなきがしますね。
ではまた~~~~!
[PR]
by ireni | 2005-07-31 15:27 | 映画
c0005899_622457.jpg週末、北野武主演映画“血と骨”を見に行きました。
こんな人いていいんでしょうか???という内容でしたね。
映画を見終わった後は、どよ~~~~んとしてしまいました。
こんな気持ちになったのは、“うなぎ”を見て以来ですね。
最近私は、どうやら感動系のものや色々考えさせられるもの、重いもの映画よりは、エンターティメント系、コメディー系のほうが好きなようです。
たぶん、いい気分転換にならないからでしょうね。
映画を見なくても、世の中に起きている出来事は十分重いですし。。。

今日は気分はいつもどうり良かったのですが、映画の話を思い出しただけで、どんよりしてきた(笑)

そして、今日は最悪な日。。。。
フランス語で言うと、Ce n'est pas mon jour. ス ネ パ モン ジュール (今日はついていない)

まず、どこかで時計をなくしてしまった。通勤のバスの中では見た覚えがあるので、会社に行く途中に落としたらしい。。。。。。時計がないといやなので、だいぶショック。><;

そして、今朝家に携帯を忘れていて、おまけに仕事が終わるのが遅くて、家に着いたのが9時30。
ソフィーからのメールで8時過ぎにLa coupoleに踊りに行くから、どう?というメール。時既に遅しでした。。。。

明日は順調であることを祈ろう!
ではまた~~~~!!!!
[PR]
by ireni | 2005-07-27 06:17 | 映画
ココ何日か、パリは激アツです。むしむししていないので救われますが、日向にいると、じりじりときますね。
帽子がないので、おでこがそのうちしたら真っ黒になりそう。><;
そして、優雅にのんびりお散歩という気分にはあまりなりませんねぇ。。。。

c0005899_16392758.jpg昨日は大好きなティム・バートンの新作、“Charlie et la chocolaterie”(英語題は確か“Charlie and the chocolate factory” だったと思います)を見に行きました。
同じ題名の子供向け本の映画化です。(私は本は読んだことはないんですけど。)
映画館はフランスには珍しくクーラーが効いていたので快適でしたねぇ。(笑)

感想は、とてもとてもよかったです!私はティム・バートンが作る独特の世界が大好きなので、またまた彼の独特の世界に引きずり込まれました。
彼の映画を見ると、映画はこうでなきゃ!と思います。観客を現実の世界から違う世界に毎回連れて行ってくれる彼はgénie!!!ですね。

そして、さすがのジョニー・デップ。彼はいつも違うキャラクターで楽しませてくれますね。
他の俳優陣も“Big fish”とかぶっています。
映画の最中はチョコレートが食べたくなりますよ!
日本にはいつ来るんでしょうね?来た時には是非是非、見てください!

ではまた~~~~!
[PR]
by ireni | 2005-07-17 16:47 | 映画