カテゴリ:仕事場( 24 )

それは、社長が会社を閉めたので、失業者になりました。
なんとなく、兆候はあったのでショックとか驚きは全くないのですが、12月31日で解雇。
人生で職失ったの初めてだわー。
同じ仕事を続けるか(雇用的にかなり仕事を見つけるのは難しい)、全く新しい仕事を見つけるか。
模索中です。
[PR]
今日、豆タンクのお葬式に行ってきました。

やっと、彼女の死が現実になりました。
フランスのカトリックのお葬式は、最後に清められた水を棺にかけるのですが、私はかとりっくではないので、それはしませんでしたが、彼女の棺に手を置いた瞬間から涙が止まりませんでした。
死の知らせを聞いてから今まで、涙はでなかったのに。

感謝の気持ちも伝えるのがやっとでした。

お客様もこられていて、彼女は愛されていたんだなーと思いました。
某国々の大統領のファミリーたちも、大統領夫人の代わりに、出席していました。

教会のミサの後は、彼女の家で軽食が振舞われたのですが、彼女のいない家はもうその魅力が半減していました。

彼女は働かなくなってから、もう生きるエネルギーが蓄えられなくなったんでしょうね。
こんなに早く逝ってしまうとは誰も想像していませんでした。

天国に行くことを信じていたので、天国でまた同じ仕事をして、多くの人にに囲まれていることを願います。

今の私があるのは、豆タンクのおかげ。
本当に一言では言い切れないけど、どうもありがとうございました。
[PR]
c0005899_5474673.jpg
豆タンク。私のブログを長年読んでくださっている方は、誰のことかおわかりでしょうが、最近話に登場しなかった彼女。

去年の10月ごろ、オーナー兼社長と大喧嘩して、首というか、一緒に仕事をする状態じゃなくなったので、事実上の引退をしました。
彼女は会社で死ぬのが夢だったので、かなりの挫折だったと思います。

その彼女が、先週の火曜日に亡くなりました。
前日に彼女から留守電が入っていて、その様子は元気だったので、信じられなく最初は自殺かと思いました。
死因は、心臓発作だったそうです。
一人息子とクリスマスからけんかして連絡も取っておらず、孤独な死だったのが、かわいそうでなりません。(自分のまいた種というのもありますけど)

毎日会社で会っていたら、もっとショックだったと思うのですが、去年の10月から会っていないので、実感がわきません。
元同僚たちにも、電話しましたが、みんな私同様実感がわかないみたいです。
今週お葬式がありますが、友達みんなが行くので、行けますが、一人だったら現実逃避で行けなかった気がします。
棺を見たら、実感がわきそうで、こわいです。


c0005899_5585221.jpg
写真は先週末、隣人に勧められて行った公園なのですが、公園の帰りにふと、実は豆タンクにも引っ越した当時、ここの公園はすばらしいから行きなさいと勧められた公園だと思い出しました。

豆タンクは基本的にエゴイストで、意地悪な人でしたが、心の中は優しい人でした。

存在感があるひとが、亡くなると生前、面倒と思っていたひとでも、寂しくなりますね。
私の師匠でもありますし、いろいろお世話になりました。
お葬式では、生前に言い切れなかった感謝の気持ちを伝えたいと思います。

ではまた。
[PR]
10日ほど前に、日本でニュースになったかわかりませんが、パリでテロがあったんですね。
真昼間に。
場所は、マゼルブ通りという、大きな通りで、かなり大騒ぎになったのですが。

最初、ラジオで速報を聞いていて、8区でテロというニュースが流れたので、私と同僚が、耳を傾けていると(私の仕事場も8区)、豆タンクがギャーギャーうるさかったので、よく聞こえなくて、30分後のニュースで、今度はよく聞いてみようと今度は豆タンクが私に話しかけていたのは知っていたのですが、思いっきり無視して、かなりラジオに集中していたら、豆タンクがそれに気づき、え?何なにがあったの?とやっと興味を持ち出し、テロの起こった住所を聞いた途端、そこ、マダム〇〇の弁護士事務所のあるところだわ。あなたたち、今すぐ電話番号探しなさい!
と言いました。

おまけにラジオでは狙われたのはその名前は言ってなかったんですけど弁護士事務所ということは言っていたので、私たちもそのお客様が好きだったので、めちゃくちゃ慌てて、電話番号探しました。

で、同僚が見つけて、事務所に電話してみると、話し中。。。。
次に携帯に電話してみると、お客様が出て、テロがあったのは4階の弁護士事務所で、彼女は1階だったので、大丈夫だったという事を聞き、みんな一安心。

でも電気が全部吹っ飛んで、大パニックになったみたいですけど。

そのテロで、狙われた事務所の秘書がその届けられた小荷物を開けてしまい、彼女が死んでしまいました。
狙われていたのは、その事務所の事務所長ともう一人の同経営者かはわかりませんが、男の弁護士で、その人も荷物の近くにいたので、重症を追ったみたいです。
色々テロ犯人について憶測が流れましたが、結局誰だったのかは、いまだにわからず。
(私がニュースを見逃してる場合もあるんですけどね。)

お客様の働いている、同じ建物でテロが起こったので、とてもびっくりしました。

こういう終わりはこんな話をしてから、軽率だとは思うのですが、いつもこういう終わり方をしているので・・・・。お許しを。

ではまた~~~~!!!!
[PR]
c0005899_15493521.jpg先週の日曜日、豆タンクの家のバーベキューパーティーに行ってきました。
今回は総勢30人。ものすごいことになっていました。
社員全員とその家族、豆タンクのジジババ友達、豆タンクの家のお手伝いさんのポルトガル人家族。共通点何もなし状態。

そして、30人もいると、豆タンクも消えがちになるので、自分をアピールしようといつもの10倍うるさく、私たち社員はとおーくに離れて談笑してたら、こっちに来い!といわれ、しぶしぶジジババ席に移動。
ジジババ席は飲む飲むでみんな出来上がってました。特に豆タンク。。。。語り入り始めましたけど、私は日本人なので耳のスイッチをオフにするとフランス語は入らなくなるという便利な耳をもっているので、他の人たちよりも耐えられました。
なので、いったい何を語っていたのかは不明(笑)

写真は、豆タンクの庭の花を摘んで来ました。
お花屋さんのバラってあまり好きじゃないんですけど、庭に咲くバラはきれいですね。

豆タンクの庭に行くといつも、庭付きの家っていいナーと思うんですよね。
1ヘクタールですよ。
好きなことができますね。
今回30人でも、みんなにテーブル席がありましたから。

夏休みまで、後もう少し。
仕事もだいぶ落ち着いてきました。

ではまた~~~~!!!!
[PR]
とうとう、豆タンク、ランチに呼んでしまいました。

なぜかと言うと。。。。
最大の理由は、今のアパートを借りるときの保証人になってもらったからなんですね~。

今、パリやパリ近郊の賃貸は借主が家賃の3倍の収入、保証人が4~5倍の収入がなければ借りることはとても難しいです。
自分の収入がそれに満たなくても、しっかりした保証人を立てれば、何とか借りられることもあります。
フランス人は大抵、自分の親や兄弟に保証人を頼みますが、私は家族は日本なので、困った時の豆頼み???
豆タンクにお願いしました。

彼女のおかげで、借りることがでたので、お礼をしたのですが、事あることに新しい家はどう?住み心地いい?と聞いてきてから4ヶ月。
しつこいので(笑)、コレは家を見たいのだと。
きっと彼女はお礼の品なんて、どうでもよかったんでしょうね。


それで、しょうがなく(笑)、呼ぶことにしました。
誘った時、とっても喜んでました。(そんなに喜ばれるとは思わなかった)
社員に家に呼ばれることって、あまりないだろうし、誰が彼女を家に呼びたい???ッテ感じですしね。

いつもは、仕事関係などの待ち合わせに1時間は遅刻していく、時間にルーズな彼女。
だから、正確な時間に言うか、1時間早めて言うか、かなり迷いました(笑)
この日はもう一人の同僚も家に呼んだので、正確な時間を言うことに。

そしてその当日。。。¥


な、な、なんと、言った時間から10分遅れで到着。
かなりの気合の入れようが伺えました。
気合入りすぎ。

私の家に入ったとたん、彼女はちょこちょこちょこと家を探索。
うちは一応土足厳禁なんですが、それを言う暇もなく、そして靴を脱ぐのにはタンクのようなお腹がつかえて大変かなと考慮し、土足には目をつぶりました。

食べ飲みしている間中、彼女が一人で永遠にしゃべってました。
彼女がトイレに行ったときが、私達の休憩タイム。
もう一人の同僚と、ため息付きながら、静寂の時を分かち合いました。

夕方近くになり、豆タンクの話は一向に終わらず。
そこで、もう一人の同僚が、帰りましょうと豆タンクに促す。
私は心の中で、ナイス!と微笑んだのですが、まだいてくれてもいいですよと、社交辞令。
もちろん、豆タンクは夕食も食べていく勢いでしたが、同僚(豆タンクより年が1つ上)が帰りましょうと、4.5度いい、やっと話もやめ、思い重量級の腰を上げ、帰っていきました。

もちろん、その夜はぐったりです。
会社で会うのとはまた別に、疲れますね(笑)

でも本当に、彼女のおかげで今の家が借りられたので、彼女には感謝しているし、彼女も招待されて満足していたし、これで一件落着。(笑)


ここ先1年は呼びたくありません。

ではまた~~~~!!!!
[PR]
本格的なシーズン到来で、二役をやる私は目が回るほど忙しくなってしまいました。
(豆タンク、なにげに週に1,2回しか来ないし。サボり癖がついた!!!)
なので、ちょっと落ち着くまでお休みします。
お返事も時間があるときにしますので、お許しください。
みなさま、お体に気をつけて。

ではまた~~~~!!!!
[PR]
今日は、豆タンクはぎゃーぎゃーミニラのように叫んでいました。
うちの新入社員、といってももう8ヶ月くらいになるんですけど、彼女は結構抜けていて、
彼女が豆タンクを怒らせていました。
もちろん、私の耳はもう豆タンク使用にはなっていませんので、久しぶりに壊れましたね。(笑)
会社から出た瞬間の静寂。こんなにも静寂が素敵なんてと思う一瞬。
c0005899_8463594.jpgということで、それにちなんだフランス語講座~!

Ma collègue a énervé ma patronne. マ コレーグ ア エネルヴェ マ パトロンヌ
私の同僚は私のパトロンをイライラさせた。

Ma collègue a bien allumé ma patronne. マ コレーグ ア ビヤン アリュメ マ パトロンヌ
私の同僚は、私のパトロンを煽り立てた。
allumerは、火や電気をつけるときに使いますが、怒らせるときにも使います。

ではまた~~~!!!!
[PR]
c0005899_10141216.jpg
豆タンクがいなくなってから、もう少しで2ヶ月。
豆タンクの代わりの仕事も慣れてきました。
が、しかし自分の仕事+豆タンクの仕事=忙しい という結果になってしまい、今月はなかなか更新できませんし、お返事もできるときにしかできなくなりました。
皆さんのところには、遊びに行っているのですが、コメントをする時間がなくて、ごめんなさい。
これから、マイペースに更新していきますが、のんびりと待ってくださいね。

皆様、くれぐれもお体には気をつけて。
ではまた~~~~!!!!
[PR]
c0005899_15561864.jpg結構、フランス人の間では、この町は有名らしく、国立公園も近くにあるので近郊から散歩に来るフランス人も多いそうですが、バシバシ写真を撮っているのは私だけでしたねぇ。。。。


c0005899_15582728.jpg鮮やかに真っ赤になった葉。今年初の秋を撮った写真です。
今までのブログの写真は緑の中が多かったけど、これからは黄色や緑、そして、葉のなくなった木々の中を写真を撮っていくのですね~。
1年中写真を撮っていると、今まで以上に季節に敏感になってみたり・・・・・。


c0005899_1624519.jpg散歩中、みんなに大人気だった豆タンク家のペチペチ犬。みんな目を細めて彼女らを見ていました。
ペチペチ犬のジャンプ力ってすごいんですよね~。私の腰の高さ以上にジャンプします。
飼いたいけど、日中パリの小さなアパートに、お留守番させるのはあまりにも可哀想だし。。。。


c0005899_166524.jpgパリは犬がい過ぎってくらいいるのですが、仕事をしている人は日中どうしているのかなーと常々思います。
私の友達で大きなブルドッグを飼っている人がいますが、彼女は社長が犬好きだったみたいで、毎日会社に連れて行ってます。
他の社員も犬を持ってきているみたいで、1回そこの会社に行ったのですが、ミニムツゴロウ王国になっていました。(笑)


c0005899_1619081.jpg猫を買っている友達たちは、やはり連れては来ないので、日中に寝て、彼女らが帰ってきてから行動を開始するので、夜寝ているときにも遊びたがるので、寝不足になるといっています。
今は、ドッグシッターも商売になる時代。都会で暮らす犬猫も大変ですね。

ではまた~~~~!!!!
[PR]